スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のお姉さん  後編

C君宅倉庫に到着!!


すまん、C君。

ゆっくり片付けたいが
まっことに客人を待たしておる。

ここは超スピードで片付けるからなっ。


と、片付け中にそのまっことでの
顛末を語るも3人の反応が何か鈍い。



そーだね。実物見てないものね。



で、予定より早く作業を終え
そしたら皆でまっことに戻る。



あれ、C君は?

まっことに行かないの?

「うん、子供にご飯作らないといけんし・・・。」


そーか、そりゃしょーが無い。


我々独り者3人集は、まっことに帰るから。

さらばっ!!


と、C君を置き去りにしw
まっことに3人で向かう。





前編でも書いたが
残り2ヶ所の返却の1つがここで
残り1ヶ所返しに行ったら
今日の片付けは終了。


で、3人でまっことに帰るも
やはりA君、B君のテンションは上がらない。

うーん、ちゃんと説明してんだけどな。




「ぴくちーさん、もう時間ないっす。
早くまっことの荷物持って返しに行かないと。」


確かにもう5時過ぎだもんね。


「分かった、俺が悪かった。
すぐ返しに行くか。」



と、また2人を車に待たし
まっことに入って行く。


そしたら
ままかなさんとお姉さんがお茶を飲み
ますます仲良くしゃべっとった。

ままかなさん&お姉さん。
RIMG0026.jpg




そして僕もお話しをする。


(うーん、なんて気さくで良いコなんだろう・・。)



と、僕は車に戻り



「騙されたと思って
まっことに入りたまえ。

5分だけでもいいから。」



とマッチの
「スニーカーぶる~す」の歌詞みたいな
セリフを言い2人を下した。





すると・・・。









やっぱ長くなったので完結編へ続く。





でもさすがに今日はもうアップしません(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。